• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

臨床検査科

当院の臨床検査科についてご紹介します。

Laboratory

このページの目次

臨床検査科

  • 検体部門(生化学、血液検査、免疫血清検査、輸血検査、一般検査)
  • 生理機能検査(心電図、呼吸機能検査、脈波、血圧脈波速度検査、超音波検査)
  • 採血検査

当科では医師の指示のもとに正確で精度の高い検査結果を迅速に臨床医に報告することにより、患者様の診断と治療に貢献できるよう日々励んでいます。

スタッフ構成

  • 臨床検査科 科長(医師) 1名
  • 臨床検査技師 7名(臨時職員含む)

部門紹介

生化学検査

肝機能、腎機能や蛋白質、脂質、糖質を血液の上清を材料として検査します。
最近では殆ど自動分析器で検査しています。

血液検査

血液中の細胞成分(赤血球、白血球、血小板)の数や分類、凝固の検査を検査しています。
貧血や白血病などの発見、診断に重要です。

免疫血清検査

肝炎等のウィルス感染症を、血清中の抗体の有無によって判定します。
また癌(腫瘍)の補助的診断を行う血清中の腫瘍マーカーを検査しています。

輸血検査

貧血、手術、大量出血で輸血が必要となった場合、血液型検査、交差試験(患者さんの血液と献血された血液が適合しているか調べる)を検査しています。

一般検査

尿、便、髄液、胸水、腹水、関節液等を材料として化学的、形態学的な検査を検査しています。

生理機能検査

心電図、呼吸機能検査、脈波、血圧脈波速度検査、超音波検査(腹部・心臓・頸動脈・甲状腺など)は患者様に直接行う検査です。

採血業務

医師の監督のもと患者様の採血業務を行っています。