• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

委員会

当院看護部の委員会活動をご紹介します。

Committee

このページの目次

基準委員会

看護部の運営方針に基づき、実践現場において指針となる看護基準の作成や見直しを行い、ケアの質向上を目指しています。

教育・研究委員会

当委員会は、「自ら学び、実践できる看護師を育成する」を方針に活動している看護部の教育機関です。

教育と言っても内容が様々で、新人教育、継続教育、看護研究の3つの部門からなり、研修会や研究発表等を企画、運営しています。

今年度は、2名のフレッシュな新人が採用になり、特に新人教育に力を注いでいます。

秋田大学医学部付属病院にあるシミュレーションセンターの協力を得ながら、患者さんに対して安心、安全な医療が提供できる看護師育成に努めています。(写真参照)

湖東厚生病院でのやりがいを導き、地域の皆様に感謝される看護師の育成を目指して行きたいと思います。

システム・記録委員会

看護記録には個々の患者様の治療、看護に必要な情報や看護計画、実践した処置や相談・指導内容と評価などが日々記録されています。看護実践の証明であるとともに看護の振り返りや医療チームの情報共有にも活用されています。

委員会では、記録の充実を図り、看護の質を向上することを目的に以下のような活動をしています。

  1. 電子カルテ内の関連文書の整備を行う
  2. 看護記録の記載基準・手順の改訂
  3. 記録監査の実施と検討
  4. 看護必要度評価の手引き改訂
  5. スタッフ指導

業務委員会

患者様が入院生活を安心して心地よく過ごして頂けるよう、H27年度に『看護部業務委員会』が再発足しました。委員会では、看護職員全体の接遇マナーの向上を目指した取り組みを行っています。定期的に挨拶、服装のチェックを行い、接遇研修等を実施しています。また、災害発生を想定した防災対策の検討にも取り組んでいます。地域の皆様にこころよく病院を利用して頂くためにも、笑顔で挨拶、丁寧な対応を心掛け頑張っていきたいと考えています。

安全対策委員会

看護部の安全対策委員会は、5名で頑張っています。

主な役割は、インシデント・アクシデントの情報収集及び情報の共有・事例の分析を行い、医療安全の視点での業務手順見直しおよび検討を行うことです。

患者間違いは、患者様のご協力を得ることで大分減少しました。しかし、転倒・転落に関しては、様々な検討を重ね対策をとっておりますがなかなか減りません。残念ながら、患者様がご自身で動くことで発生する転倒・転落を完全に防ぐことは出来ません。

そこで、

~入院中の転倒・転落防止のために ご家族様へお願い~

離床センサーご使用患者様のご家族様へ

お帰りになる際は、マットのスイッチをONにし、看護師に声を掛けて頂ければ幸いです。

履物について

スリッパは滑りやすく脱げやすいのでやめましょう。
安全で、サイズの合った靴、履きなれた靴をご準備願います。

ベッド周囲の整理整頓

御面会の際にはベッド周囲に物を置かないよう整理整頓にご協力ください。

患者様の安全確保のために不安なことは、医師・看護師にご相談ください。

感染リンクナース委員会

委員会は、各部署の看護師から構成され、毎月1回の定例会議を開催し院内感染委員会等で院内統一した決定事項及び感染予防策の周知徹底を実施しております。また、啓蒙活動の一環として各部署へ手洗いポスター作成を依頼し各部署へ掲示、年2回手洗い強調月間を定め手指衛生遵守に努め院内感染予防に努め、各種研修会を開催し知識の向上にも努めております。